生霊とは?症状やセルフお祓いの方法に恋愛との関係は

 

こんにちは~管理人のスピーです。

 

多分誰でも耳にした事がある
「生霊」という単語ですけど

 

一般的に「生霊」というイメージは
生きている人の霊魂が肉体から離れて

生きているのに霊と飛び回るもの・・・
という感じでなんというか
レアなケースと感じますけど

 

実のところこの現象は
比較的日常的なものとされ

その正体は「何かに対しての強い感情」
だとされています。

 

それこそ憎悪や嫉妬といった
暗いマイナスな感情に

誰かを恋しい好きだと思う恋慕の感情から
故郷を懐かしむ郷愁の感情まで・・

 

そういった感情が強いと
対象とする人のところへ
無意識ながらでも生霊が飛んでいき

少なからず何かしらの症状が出てきます。


「Sponsored link」
 

今回はこの生霊について
生霊に憑かれた場合の症状や
自分でできるお祓い、除霊の方法。

あとは恋愛との関係性などについて
見ていきたいと思います。

 

ではでは、早速いってみましょー。

 

生霊とは?症状やセルフお祓いの方法に恋愛との関係とは

生霊ってどんなもの?どういった時に飛ぶの?

冒頭でちょっと書いてしまいましたけど

まず最初に生霊とはなんなのか?
という点についてもうちょっと
掘り下げてみましょう。

 

生霊とは「何かに執着する強い感情」
のことを指す事が多く

それはいじめにあった時などの
相手に対しての強い恨みや
苦しみといった感情

誰かを強く想う嫉妬や恋慕の感情など

 

その感情の種類はどうあれ
特定の対象とする人物に強く執着するあまり

自らの魂の一部を切り取り
その執着している人に向けて
飛んでいきます。

20160924-01

こういった状態がずっと続いていると
その生霊が特定の人物に取り憑いて

運気の低下から危害を加えてしまったり
飛ばした方も魂の一部を飛ばしているので
弱っていくので

 

執着する感情が強すぎると
生霊を飛ばした方、飛ばされた方共に
不幸の道を歩む事になりがちです。

 

 

あと、自分で意識的に
飛ばしているのではなく

無意識的に飛ばしているケースが
圧倒的に多いでしょう。

 

とはいえ、誰かの事を
好きになるとか嫌いになるとか

そんなの人間社会の中で
日常茶飯事に起こっているといえるので

 

そこまで簡単に
ポンポン生霊は飛ばないものの

以下の要素が加わると
それも可能になってきてしまいます。

 

とにかくその相手に執着し続ける

単にあの人好きー、嫌いーといった
一時的な感情程度では生霊は
飛んでいかないものの

 

その感情が長期間、四六時中ずっと
相手の事を恨み続けている・・

好き過ぎてずっと想い続けている・・

 

こうなってくるとどうでしょうか。

20160924-05

感情の種類はどうであれ
生活の中でを対象とする人物の事を

ずっと「想い」続けているんですから

そのパワーは結構すごいというか・・
もはや怨霊レベルの域に
達してしまうともされます。

 

想い続けた人にフラレて
悲しみのあまり恋慕の感情から
憎しみの感情に切り替わって

好きだった相手の事を
亡き者にしたいとか

 

特にいじめを受けた学生さんの
恨みの感情とかどうでしょうか。

相手の事を同じく亡き者にしたいといった
かなり強い負の感情を
抱くことになると想像できますよね。

 

まあ、それほどまでになるほどの
執着心が必要になってくるわけです。

 

相手の事なんかどうでもいい

相手の事を本当に好きなら
その相手の幸せを願い自分から身をひく・・

そうする事で自分の中の
魂を浄化していくといった話は

ソウルメイトやツインソウルの
試練の記事などで書いてみたりしました。

⇒⇒⇒ツインソウルとは!特徴確認方法に乗り越えるべき試練って?

 

しかし世の中には

 

自分の事を好きになってくれなければ
自分のものになってくれなければ

好きな人が
不幸になってしまうのも関係ない。

 

自分の願望を満たしてくれないのなら
相手の事なんかどうでもいい・・!!

 

こんな思考に
至ってしまっている人もいるわけです。

 

ストーカーとかは
この典型なのではないかと。

 

「好き、恋慕の感情」を
自分の中で歪めて解釈して

自己中心的な世界を構築している人は
生霊を飛ばせる可能性が出てきます。

 

恋愛部分に関係あるにはあるといえ
こういった思考に至ってしまうのは
やっぱり危険といえますよね;;

 

生霊の症状について

生霊を飛ばしている側の症状

恨んでいる相手、好きすぎる相手に執着し
ずーっとその人の事を考えているので

まさに「心ここにあらず」といった具合に
ボーッとしてしまいます。

20160924-04

さっきも書きましたけど
自分の中の魂の一部を切り取って
生霊が飛んでいくので

職場での仕事や勉強での集中力低下
家事などに手がつかない・・・

こんな感じに生活のいろんな場面で
影響が出はじめていきます。

 

大体は以下の症状に心当たりがあると
生霊を飛ばしている可能性があります。

 

・食べても食べても満たされない

・身体は元気だけど何か物足りない

・体力や精神力の低下

・いつもより疲れやすくスタミナが低下

・昔を思い出しすっごく懐かしむ

・独占欲が強く出てくる

・1日の中でため息をつく量が増えた

・物に対しての執着心が強い

 

こういった症状がいくつか重なっている場合は
ちょっと生霊を飛ばしている可能性を
疑ってみましょう。

 

そうでなくても全体的に
疲労しているともいえるので

あなた自身のリフレッシュと
浄化が必要になるかと思います。

 

生霊に取り憑かれている側の症状

生霊に取り憑かれてしまった場合の
症状についてはだいたい以下の通り

 

・なんだか最近ついてない、不運

・1日ずっとだるい

・いつまでも疲労感が抜けない

・誰かにずっと見られている感じがする

・手足や首などに手跡みたいな痣・・

・いきな不安感や精神的圧迫感を感じる

 

パッと見ると
日頃の疲れが溜まったから

こういった症状が出ているのでは?
とも感じますが

生霊に憑かれている場合も考えて
お祓いや除霊での対策も
考えてみるといいでしょう。


「Sponsored link」
 

生霊に対するセルフにお祓いや除霊の方法

とりあえず、お部屋の掃除をしてみる

部屋の掃除・・?と感じるかもしれませんが

あながち掃除も馬鹿にはなりません。

 

部屋の中をすっきり
キレイにしていく事で

運気の改善に繋がるというのは
なんとなく聞いた事あるかと思います。

 

そして生霊といった負のオーラが
強い霊の場合汚く暗い場所を
好む傾向があります。

 

あとは部屋の中のホコリとかも
悪霊や生霊を引き寄せる要素になるので

部屋の中をこまめに掃除して
いらない物は定期的に捨てていくなどして
部屋の中をスッキリさせておきましょう。

 

加害者からのプレゼントなどを処分する

誰が生霊を飛ばしているのか
分かりにくいので

なかなか難しい部分あるかと思いますけど

 

生霊を飛ばしているのではないか?と
思われる人からもらったプレゼントなど
持っていると

その人の事をどうしても思い出しますよね。

 

 

「思い出す」という行為自体が
その人との関係が繋がっている事にもなるので

関係を断絶するためには
もらったプレゼントなど
全部捨ててしまう事が

生霊対策、セルフお祓いに繋がります。

 

特に人の想いがこもりやすい
吸い込みやすい天然石とか宝石には要注意。

高いものだからといって残していると
ずっと生霊に憑かれる事になるかもですよ?

 

携帯やスマホのメールアドレスにメール、電話帳なども

データにしてもメールアドレスとか
電話帳、写真のデータとかも
相手の事を思い出しますよね。

写真のデータとか一番生霊との
繋がりができやすいポイントになります。

 

LINEやツイッター、メールにしても
相手の感情や想いがこもっていますので

きっぱりと削除していく事が大切です。

 

それでもLINEやツイッターとかで
しつこくコンタクトされたら

問答無用でブロックして拒絶してください。

 

粗塩なども試してみる

霊的な存在に
盛り塩とかするのは有名ですけど

生霊に対しても効果はあるといいますね。

 

粗塩を用意して
肩や背中などに振りかけていきます。

 

この時・・・

 

・生霊が消えていくイメージを思い浮かべる

・自分に取り憑いている
 黒いモヤが晴れていくイメージを持つ

 

要するに嫌なものが
消えていくイメージを持ちつつ

塩をまいて除霊していきましょう
という事です。

 

今回のまとめ

はい、そんな感じで今回は生霊についてと

生霊の症状や自分でできる
除霊、お祓いの方法

恋愛との関係性などについて
見ていきました。

 

人の想いの強さは時に
ものすごい力を生み出すものですが

それはマイナスの方向にしても
同じことが言えるわけです。

 

相手に執着していく事で
無意識ながらに生霊を飛ばしていくと
どんどん疲れやすくなっていきます。

そして相手もどんどん運気が低下して
不幸の道をたどる事に・・・

 

どっちにして
もろくでもない状況に陥るので

改善する道を探っていきましょう。


「Sponsored link」
 

ではでは、今回の内容は以上です。

また次回にお会いしましょ~。

 

ピックアップ関連記事

サブコンテンツ