メンタルや精神的に弱い人の特徴!心を強くする方法や言葉は?

【2018/06/11 内容追記修正】

こんにちは、管理人のスピーです。

 

人前に出ることを不安に感じてしまったり

職場の上司に怒られるか注意されて
絶望的なまでに落ち込んでしまったり。。。

 

そうしたメンタルや精神的に弱いというのは
誰にでもある一側面ですよね。

 

自分も多分人一倍精神的に打たれ弱く
そうした精神的な弱さから

うつ状態にまでいった経験ありました。。

 

誰でも精神的に弱いという一側面が
あってもいいじゃないか、と
個人的には感じるのですが

現在の日本社会は雇用情勢不安定ですし
会社の環境が悪くても

転職するのは難しいもの。

 

そうなるとその会社で働き続けていくための
強い心やメンタルを
手に入れていく必要がある・・

そういうふうに考える人も
いるのではないでしょうか。

 

なんともメンタルが弱い人にとっては
生きづらい世の中ですが(苦笑


「Sponsored link」
 

今回はそんなメンタルや精神的に弱い人の特徴や

心を強くする方法や言葉などについて
見ていきたいと思います。

 

それでは早速いってみましょー。

 

ちなみにメンタル、精神面に関係する記事や
当ブログの人気記事などもいかがでしょうか。

ついでにどうぞご覧ください。

⇒⇒⇒レジリエンスとは?意味やトレーニング方法鍛え方について

 

⇒⇒⇒心が折れそうで仕事が辛い時…レジリエンスを鍛える折れない心の作り方

 

⇒⇒⇒心が疲れた時の癒やし方に対処法!心のケアに効く言葉や食べ物は?

 

⇒⇒⇒職場の人間関係のストレス!嫌いな人を消す方法・縁を切るおまじない

 

⇒⇒⇒嫌なことから逃げる逃げ癖の性格の原因!治す方法はある?

 

⇒⇒⇒波動とは?波動の高い人と低い人の特徴に見分け方!

 

メンタルや精神的に弱い人の特徴!心を強くする方法や言葉は?

メンタルや精神的に弱い人の特徴ってどんなにがある?

思考がどこまでもネガティブ、否定的

ひとまず精神的に弱い人の特徴としては

何事に対してもネガティブで否定的な考えが
先行してしまうという部分が挙げられます。

 

比較的前向きで精神的に強いなぁ~と
感じさせる人は失敗しても
気持ちの切り替えがうまく

失敗を糧にして前に
進んでいくイメージがあるでしょう。

20160725-06

しかし精神的に弱い人は失敗したり
怒られたりすることでネガティブな感情が
先に出てしまうので

前向きに考えていく事ができず
どうにもこうにも物事がうまく進みにくく
なってしまいます。

 

ネガティブな感情とは不思議なもので
物事の結果がうまくいきにくくなったり

友達と一緒にいても楽しくなかったり
もしくは 相手を不快な感情にさせてしまったり

 

何かにつけて不安を感じやすかったりと

色々負のサイクルを
引き込みやすい状態になってしまいます。

 

自分と他人をどうしても比較してしまう

メンタルや精神的に弱い状態というのは
どうにもこうにも自分に対して
自信を持つことが出来なくなっているはず。

自分に自信を持てなくなっているということは
自分で自分の長所に気づきにくくなっている
ともいえます。

 

そうなりますと自分の欠点ばかり見えてきて
そうした部分を仕事の同僚や友達と
比べがちになってきます。

 

こうなりますと他人の芝生は
青く見えるとはよく言ったもので

あの人はあんなに仕事できて
人生充実しているように見えるのに

 

どうして自分はこんなにも弱いんだろう・・

 

こういう思考形態に陥るようになっていきます。

 

常に最悪の状態を想定している

状況によって最悪の状態を想定するのは
リスク回避をしていく上で大切なことを
かもしれませんが

これが度を過ぎて
常に失敗を恐れているような状態になると

 

 

「間違ったら迷惑がかかる」

 

「失敗したら怒られる」

 

「ミスしたらまた上司にどやされる」

 

 

こういった考えが人一倍強く出てしまうため

何かにつけて最悪の状態を想定して行動するので

リスクを冒す、一世一代のかけに出る
といった冒険心はなりをひそめてしまいます。

 

確かに余計な行動に出なければ
傷つくことも少なくなりますが

大出世や周りの人から感謝されたり
尊敬されたりといった行動をとるのは
難しくなるといえます。

 

周囲の空気や意見に流されがち

先ほどメンタルや精神的に弱い状態というのは
自分に対して自信を持つことが難しく
なっていると書きましたが

そうなりますと自分自身の意見に対しても
自信を持てない、という事になります。

 

自分の意見に自信が持てないので
自分なりに考えがあったとしても

その意見を押し通すことができなかったり
周りの人の意見や提案の方がよく見えたり

後は自分なんかが口出ししても
良くなることはない、嫌われそう・・・

 

こういった考えが先に出てしまうので
周囲の空気や意見にいつも流されがち
といった状態になりやすいです。

 

 

この場合自分がしたくないことまで
押しつけられてしまったり

あなた自身の評価が自分の意見を言わない
主体性のない人、といった風に
思われることにもなるので

改善したいポイントの1つかなと思います。

 

落ち込んでいる時間、無駄な時間が多い

メンタルが弱い人は
怒られたり注意されることで

そのことに対してずっと悩んだり
落ち込み続けたいする時間が
ポジティブな人に比べて長くなりがちです。

 

しかし過去のその怒られた時間に対して
考え続けても結局

何の解決策も出てこないので
冷静になって考えてみれば
かなり時間の無駄といえます。

 

怒られたり注意されて落ち込むのは
人間として普通の反応といえますけど

それも度が過ぎてしまうと
ただ永遠と時間を無駄に
浪費していってしまうので

かなりもったいないといます。

 

時は金なりともいいますからね。

 

心を強くする方法は?

とりあえず笑ってみる

自分に自信がない人というのは
どこか常に影を落としているような
表情をしており

何となく近寄りがたい雰囲気をしています。

 

しかしストレスがたまっていくと
コルチゾールという成分が大量に分泌されて

老化の促進や様々な病気につながっていく
可能性も出てきます。

 

しかし笑顔を作ったり大笑いしてみることで
口角がクイッとあがると

ストレスホルモンのコルチゾールが
数倍以以上減るとされています。

 

落ち込んでいる時、辛い時こそ

笑える映画やアニメなど見てみて
思いきり笑ってみましょう。

 

それだけでも心が楽になったり
考え方が前向きなものに
変わっていくはずです。

 

良くないことが起こるなんて当然のこと

良くないこと悪いことが起こってしまうと

 

「ああ・・
 今日もなんかダメな一日だった・・」

 

こんな感じに気分が沈みがちになり
感情がネガティブなものになっていきがち。

 

 

そうなりますと周りの人たちの
過ごし方がどこかまぶしく
いつも楽しそうに見えてしまうものですが

 

常に人生絶頂状態で毎日いい事ばかり!

 

なんて人多分そうそういないでしょう。

 

探せばそういった人もいるかもしれませんけど
大多数は悪い事や良い事が
毎日巡り巡っているはずです。

嫌な事が起きていない人なんて
まずいません。

 

とりあえずは最近の中で
あなたにとっての「良い出来事」

をノートなどに書き出していってみては
どうでしょうか。

 

どんな小さなことでもかまいません。

 

そうすることであなたの毎日の生活の中にも
良い事はあると再認識できるはずです。


「Sponsored link」
 

朝日の光を浴びる

朝日の光とメンタルを
強くする事が関係あるのか?と
考えるかもしれませんが

早起きをして朝日を浴びることで
体内時計が朝型に切り替わり

幸福ホルモンである「セロトニン」
多く分泌されるようになります。

20160725-08

セロトニンは心を穏やかに
快活にさせる効果があり
気持ちを前向きにしてくれます。

 

生活が夜型で自分で精神的に
弱いと自覚している人で

最近まともに朝日の光を
浴びていないかも・・といった場合は

ちょっと朝日を浴びるために
早起きする習慣を身につけてみては
いかがでしょうか。

 

他者を怖がらない、比較しようとしない

他人のことを怖がっていたり
比較ばかりし続けてしまうのは

職場の環境に
いつまでたってもなじめなかったり

自分自身の評価が
低いままの状態になってしまいます。

 

人間だれしも完璧ではありませんし
意見の違いや性格の違いがはあるのは
当然のことです。

 

 

ですから何か発言しても
却下されてしまうだろう。

嫌われてしまうだろう・・

 

最初にそう考えるのではなく
誰かに感謝される、会社の役に立つといった

イメージを持つようにしてみては
どうでしょうか。

 

自分自身の発言や
他人からの意見にビクビクせずに

勇気をもって接していことで
あなたのメンタル面も徐々に
強くなっていくはずです。

 

いろんなことに挑戦してみましょう

メンタル面が弱くなっている人の場合
さっき書きましたけど

新しい事や何かしらのリスクを冒す事に
抵抗が出てしまっている傾向にあります。

 

しかしそうなりますと新しい経験
人生経験を積むことが少なくなるので

未来の自分が困る事になりかねません。

20160725-09

新しいことを始めるのは
かなりエネルギーが必要なことかと
思いますが

 

あなた自身の中で
何か興味があることがあるならば

勇気をもって最初の一歩を踏み出して
新しいことにチャレンジしていきましょう。

 

そうすることで自分の中の
新しい一面を発見できたり

自分の中の自信につなげて
心を強くしていくことが
できるかと思います。

 

心を強くする言葉を参考にする

どうして自分を責めるんですか。

他人がちゃんと必要な時に
責めてくれるんだから、
いいじゃないですか

「アルベルト・アインシュタイン」

苦しみが残していった
ものを味わえ!

苦難もすぎてしまえば甘美だ

「ゲーテ」

私は一日たりとも、
いわゆる労働などしたことがない。

何をやっても楽しくて
仕方ないから

「トーマス・エジソン」

本人がそれを楽しんでいるか
どうかが

最高のパフォーマンス

をするたもの重要なカギだ

「シュガーマン博士」

今回のまとめ

そんな感じで今回は

メンタルや精神的に弱い人の特徴や
心を強くする方法や言葉などについて
見ていきました。

 

メンタルが弱いのは決して悪い事だと
言いませんけど

それも度が過ぎてしまうと
何かと思考回路が悪い方向へ
向かいがちなので

 

自分自身ができる範囲で
心強くする方法に取り組んでみては
いかがでしょうか。


「Sponsored link」
 

ほんのちょっと勇気をもって
取り組んでいくことで

あなたの事を認めてくれる人や
同じ趣味や目的を持った人と通じ合えて
いい影響受けたりするかもしれません。

 

どうぞ参考にしてみてくださいね。

それでは今回の内容は以上です。
また次回にお会いしましょう~。

 

引き続き記事冒頭でも紹介しました
メンタル、精神面に関係する記事や
当ブログの人気記事などもいかがですか?

ついでにチェックしてみてくださいね。

⇒⇒⇒レジリエンスとは?意味やトレーニング方法鍛え方について

 

⇒⇒⇒心が折れそうで仕事が辛い時…レジリエンスを鍛える折れない心の作り方

 

⇒⇒⇒心が疲れた時の癒やし方に対処法!心のケアに効く言葉や食べ物は?

 

⇒⇒⇒職場の人間関係のストレス!嫌いな人を消す方法・縁を切るおまじない

 

⇒⇒⇒嫌なことから逃げる逃げ癖の性格の原因!治す方法はある?

 

⇒⇒⇒波動とは?波動の高い人と低い人の特徴に見分け方!

 

ピックアップ関連記事

サブコンテンツ