トラウマを克服する方法!過去の辛いことを乗り越えるには

 

どうも~こんにちは、管理人のスピーです。

 

皆さんは何かしらの
トラウマをお持ちでしょうか?

 

人間生きていればトラウマ(心的外傷)の
1つや2つは抱え込むように
なるかもしれませんが

一度この心と体とに影響を及ぼすほどの
心の傷が形成されてしまうと

 

思いだす度に心をかき乱されたり
ブルーな気持ちになったりと

かなり根深いところで残るようになるので
克服するのもなかなか
難しいのではないかと思います。

 

現在とは関係ない過去の経験のリプレイが
どうしてこうも心の内を
かき乱してしまうのか・・


「Sponsored link」
 

今回はそうしたトラウマが
発生してしまうメカニズムや

過去の辛いトラウマを
克服するためのいくつかの方法について
見ていこうと思います。

 

では早速いってみましょー。

 

トラウマを克服する方法!過去の辛いことを乗り越えるには

トラウマが発生するのは何故か?どうして思い出してしまうのか?

人間は何かしら自分自身に嫌な事や
ネガティブな事が起きてしまうと

 

「なかった事にしたい」

 

「さっさと忘れてしまいたい」

 

と考えるように出来ているようで

 

 

何か仕事で失敗したり
人間関係で何かひどい言葉を
言われてしまったり

そういった具合に何かしら
精神的なダメージを受けると

 

・こんな事をいちいち気にしていたら
 身体がもたない

・この失敗を次回に活かせばいい

 

そう考えるようにして
ポジティブに心の切り替えを
していこうとします。

 

 

失敗を引きずって
ウジウジ悩んでいるくらいなら

前に進むために
気持ちの切り替えをしていくのは

かなり大切なことですけど
そうした切り替えたはずの感情は
どこかにいったわけではなく

 

一般的に無意識と呼ばれる
意識しなくてもいい心の領域にしまいこんでいる
だけだといいます。

まさしく臭いものには蓋をしろといった
具合にですよね。


この無意識にしまい込んだ感情ですけど
ふとした瞬間に意識できる領域に
上がってくる事があり

それは感情が強ければ強いほどに
上がってきやすいです。

 

それはさながらしまい込んだ気持ちそのものが

 

「なかった事にしてはダメ」

 

といった具合に
自分自身の無意識から発せられている

癒してほしいという
メッセージ、もしくはサインと
とらえることができます。

 

このためトラウマが
時たま思い出されるといった場合は

思った以上に自分自身が
その過去の出来事に対して

いまだに気にしているという事を
受け入れる必要があります。


「Sponsored link」
 

トラウマを克服するいくつかの方法

まずトラウマそのものを受け入れる

今しがた書きましたけど
まずは心の傷であるトラウマそのものを
受け入れていく必要があります。

 

・受けた痛みはたいしたものではない。

 

・これくらいのことで傷ついていられない

 

そうした痛みをなかった事にしようとしても
しまいこんでいるだけで

結局後々湧き上がってくることになりますので
まずは自分自身の中にしまいこんでいる

その心の痛みと向き合って
受け入れて再認識する必要があります。

 

トラウマと向き合う

自分自身のトラウマとどのように
向き合っていくのかという部分ですけど

シンプルな方法としては
そのトラウマについて紙に書きだしてみる

もしくは声にだして自分自身に
語りかけてみるといったやり方があります。

20160725-05

自分のトラウマになっている過去の出来事を
あえて思い出して文字に書き起こしたり
言葉にしたりするので

最初はかなりのエネルギーが
必要になるはずです。

 

・そのトラウマの原因は何だったのか

 

・何が怖いのか?

 

・どうしてそんな事態になってしまったのか

 

一気にではなく少しずつで構わないので
自分自身に問いかけていってみましょう。

 

 

トラウマは諸々いろんな感情が
糸のように絡み合って

なんだかよくわからない
ごちゃごちゃしたものになっている所から

何だかわからないけど苛々する
怖く感じるといった感情が
引き起こされるかと思いますが

 

トラウマを文字や言葉にして向き合って

どうして怖く感じているのか?

その部分を掘り下げていくと

 

 

「自分がふがいなかった」

 

「恥ずかしかった」

 

「嫉妬していた」

 

「うらやましかった」

 

 

などといった最終的には
そうしたシンプルな感情に
行きつくのではないかと思います。

 

ここまでシンプルな感情に
解きほぐすことができたら
トラウマの正体も見えてくるというものでしょう。

 

時間がかかってもかまいませんので
自身のトラウマの糸を解いていってみて下さい。

 

トラウマの記憶イメージを別のものに差し替えてみる

こちらの方法はイメージ力、妄想力が
ちょっと必要になってくるあたり
若干難しくなりますが

トラウマの中の登場人物を
別の物や人に差し替えてしまうという
克服方法になります。

 

あなたのトラウマのシーンを
まずは思い返していき

その中であなたのことを貶している
もしくは罵詈雑言を浴びせているといった
人物を

かわいいぬいぐるみや
キャラクターに変えてみたり

大きさも小さい人形程度の
大きさに替えてしまいます。

 

 

ストレスを受け続けている人物も
あなたから別の誰かさんに切り替えて
しまいましょう。

 

そうして切り替えたイメージを
定期的に頭の中で思い返すようにしていき

いつしか悪いトラウマのイメージが
あなたが作り出したイメージの世界に
切り替わっていけば

トラウマの克服に
かなり効果的に働いてくれるはずです。

 

満月解放ワーク

自分の中の手放したい感情を書いて
満月の日に行う「満月解放ワーク」という
方法もあります。

 

やり方はとっても簡単で

 

・紙に手放したい
トラウマの内容を書いていきます。

あとで捨てるので感情赴くままに
ストレス発散していくイメージで
書きなぐっていきましょう。

 

・だいたい紙に書き出し終りましたら

「手放したい感情、物事」

などのイメージを持ちながら
満月に解放を願いましょう。

 

・その後は「手放したい感情、物事」
書いた紙は見返さないで

ビリビリに破くなどして
捨ててしまいましょう。

 

ちなみに浄化作用のある青色の紙で行うと
心の中がクリアになりやすいみたいです。

 

自分で癒やしの時間を作る

トラウマを解消、克服したいと考えた場合
一人でじっくり考えて落ち着ける時間を
作ることも大切です。

 

落ち着けるヒーリング効果のある
BGMやアロマを焚きつつ

リラックスできる姿勢をとって
胸に手をあててしばし目をつぶりましょう。

20160725-03

トラウマの光景が出てきたら
自分自身のことを最大限
ねぎらってあげてください。

 

「本当つらかったね」

「あなたはよくやった!頑張った!」

 

自分自身の苦労をねぎらい
褒めてあげることで

トラウマの時の悲しみや
恐怖感を取り除いていきましょう。

 

誰かにトラウマのことを相談する

自身にとってのトラウマは
他者に打ち明けたりするのは
かなりのエネルギーが必要です。

もしくはその話す対象者の事を
よほど信頼していない限りは
話しにくいでしょう。

 

しかし他者にトラウマの内容を
話していくことで

より客観的にトラウマの内容を
見つめなおす事ができます。

 

もしかしたら話すことで
いいアドバイスをもらえるかもしれませんし

その人からも過去の体験
トラウマの内容を聞いたりして
道が開ける可能性もあるかもです。

 

今回のまとめ

そんなわけで今回は

トラウマを克服する方法や

過去の辛いことを乗り越えるには
どうすればいいのかといった
内容についてお送りしていきました。

 

生きている限り人間は何かしらの
トラウマと向き合う事になるでしょう。

 

あなたが感じているように
他の誰かも何かしらの悩みや
トラウマを抱えています。


「Sponsored link」
 

もしも過去の失敗や挫折した経験などで
トラウマを抱えている場合は

今回紹介した克服方法を
参考にしてみてくださいね。

 

ではでは今回の内容は以上になります。
また次回にお越しください~。

 

ピックアップ関連記事

サブコンテンツ