オーラの色の意味や見方に性格別特徴!あなたのオーラは何色?

 

どうも~こんにちは、管理人のスピーです。

 

あなたは「オーラ」という単語を
聞いたことあるでしょうか。

 

一般的に「オーラ」とは
多くの人は目に見る事はないものの

その人の内側から放たれている
もしくは漏れている霊的なエネルギーを
指します。

 

アーユルヴェーダですとオーラは
生命エネルギーで形成されているという
解釈で

この解釈は確かコミックの
「HUNTER×HUNTER」での

念能力の設定でも
生かされていたかなーと思います。

 

誰にでも存在しているという
この「オーラ」は一色のみならず

ほとんどの人が複数のオーラを持っており
その中の1番強く見える色が

その人自身のオーラの色
という事になるそうです。

 

オーラは色別によって
その性質や特徴も異なるそうなので

 

色ごとの性質や特徴などをみていけば
あなたのオーラが何色なのか?

という部分が分かってあなたの人生に
活かせるかもしれません。


「Sponsored link」
 

今回はそんなわけで

オーラの色の意味や見方に
性格別特徴などについて
紹介していこうかなと思います。

 

では早速いってみましょー。

 

オーラの色の意味や見方に性格別特徴!あなたのオーラは何色?

オーラの色の意味や性格的特徴/h3>

赤色のオーラ

20160915-01

バイタリティに満ち溢れ
何事においても活動的で積極的です。

 

赤色のオーラという事で
火の要素を含んでいる点から
情熱的な一面も持っており

感情の起伏もどこか
激しいといった点が特徴的でしょうか。

 

松岡修造さんとか多分
赤色のオーラなんじゃと思う自分は
安直でしょうか。。

 

性格的特徴としては
ぐいぐい引っ張っていくリーダーシップが
強いところがあり

 

曲がった事は嫌いで正義感が強いといった
なんといいますか

古き良き時代でよく見た
少年漫画の主人公みたいな
性格の人ともいえるでしょう。

 

オレンジ、橙色のオーラ

数あるオーラの中で1番活動的で冒険的

色んな状況を楽しむ事ができる
ポジティブさと快活さを
併せ持っているといえます。

20160915-02

ただ、常に頭や体が動いていないと
落ち着かないのか

じっと座って休むという事が苦手なため
周囲の人たちを振り回してしまうという

状況にもなりがちです。

 

若干空気を読む点と協調性に
欠けている部分があると言っても
いいでしょうか。

 

とはいえ、周囲の人を惹きつける
カリスマ性に富んでいるといえるので

なんだかんだで慕われているというのも
このオレンジ色のオーラの特色と
いえるでしょう。

 

黄色のオーラ

戦隊物の中でもムードメーカーなどの
立ち位置になりがちな黄色の色は

まさしくそのままで好奇心旺盛や
ユーモアのセンスにあふれており

周囲の人たちを自然と明るく
元気にしてくれるムードメーカーな点が
特徴です。

20160915-03

黄色の色は他の色と交じる事で
色んな色に変化する点から

他者に影響を与えやすい部分と
流されやすい部分とを
含んでいるともいえます。

 

あとは子供っぽい一面を持っており
そういった点から

責任を果たさないと
いけない問題から逃げてしまったり

繊細で傷つきやすいという
脆さも兼ね備えています。

 

緑色のオーラ

色彩の中でも最も安定した
落ち着いた力を持つ緑色は

森林や自然の象徴でもあるので
他者の心に安らぎと落ち着かせる
効果を与えます。

 

そういった点から一緒にいると
不思議と落ち着くことができ

協調性と社交性に富んだ
性格をしている点が挙げられます。

20160915-04

あとは冷静さや頭脳明晰なところもあって
平和主義や性格穏やかな人が多いです。

 

ただそうした優しい性格な部分が
強すぎて自身が気疲れしてしまったり

疲れた状態で悩み事に直面すると
逃げてしまう傾向もあるようです。

 

青色のオーラ

この色も比較的
分かりやすい特徴といえるかもですね。

 

冷静沈着で知的、どこか
クールな印象を与える性格をしており

頭脳明晰かつ思慮深いところが特徴的です。

20160915-05

基本一匹狼といった具合に
1人でいる事を好みますが

 

他人の世話をするのは好きなようで
目立った活躍はしない代わりに

見えないところでしっかり働いてくれる
サポート的な役回りが向いているといえます。

 

ただ、基本自分よりも他人を優先するので
自分の気持ちを抑えこんでしまう
傾向が強いです。

時には自分の気持ちを前に
押し出していく事の大切さも
知るべきでしょう。

 

紺色のオーラ

インディゴブルー系の紺色のオーラは

オーラの中でも結構レアな色だそうで

感受性が強く神秘的な人を指します。

 

自分の中に確固たる世界を構築しており
社会性よりもその世界を基本としています。

 

そのため一般的な人から見たら
どこか奇特で独特な人物に見えるといった

見方をされることもしばしば。

 

とはいえ、多くの人からの理解よりは

自分の事をしっかり理解してくれる
特定の人物との縁を築く事が

紺色オーラを持つ人の
使命ともいえるようです。


「Sponsored link」
 

紫色のオーラ

色彩の中でも「高貴・神秘性」などの
意味を持つ紫色はオーラにおいても

神秘性や直感力、浄化の力に優れている
などを意味しています。

特に感受性が豊かで
美意識も高いところが特徴です。

20160915-06

紫色は「赤」と「青」を
混ぜ合わせて出来る色でもあるので

そういった点から青色の冷静沈着さや
赤色の繊細で情熱的な部分など

2つの側面を持つとされています。

 

黒色のオーラ

黒色は他の色に比べて
読み取るのが難しいとされ

 

「停止」「無」「死」「安らぎ」

 

などの意味を持っています。

 

他の色を混ぜても
基本黒色主体となってしまうので

個性の面ではかなり癖が強く
周囲の人と合わせていくのに
苦労するかもしれません。

 

精神面が穏やかな場合は
安らぎや休息といった
ポジティブな意味合いになりますが

精神面が良くない感情に満たされていた場合は
マイナスの感情に引きずり込まれてしまう
恐れも含んでいます。

 

白色のオーラ

白はスピリチュアル的な観点から見ても
運気の良い色とされていますが

「光」「清純さ」「万能」といった
意味を持ちます。

 

加えて白色って本来は存在しない色であり

全ての色を兼ね備えているとされるので
オーラの色の中でも
特に強力な色とされています。

 

ただその純粋さ、穢れを知らない部分からか
外部からの攻撃に傷つきやすい側面も
持っているので

精神面を鍛えていく必要も
時にはあるかもしれません。

 

オーラを見る方法ってあるの?

オーラの見方自体は
そこまで言うほど難しくはないかと思います。

 

「1」
最初に電気の明りを消して
真っ暗な状態にします。

 

「2」
次に軽く手を開いてかざしてみます。

最初は壁のあたりにかざすのが
いいでしょう。

 

暗くする理由については
暗くした方が部屋の中の

本とか家具とか雑貨とか
余計なものが目に入りにくいので
オーラに集中できるからなんですね。

 

とはいえ、慣れれば明るいところでも
ぼんやり見えていくかと思います。


このオーラを見る時のコツとしては

 

3Dの視力回復系の本とか
視点をちょっとずらす必要が
あるじゃないですか。

あの感覚が多分1番近いかなーと思います。

 

かざした手を見ていく時に
手というよりは手の先っぽのあたりを

「ぼーっ」と見ていくイメージですかね。

 

その手の先の何もないところを
視点ずらしてぼんやり見ていくと

そのうち何か手の先かから
ゆらゆら動くモヤみたいなものが
見えるはずです。

 

それこそがあなたの体から出ている
「オーラ」というわけなんです。

 

結構目にきますので、目が疲れたら
休ませて再度挑戦してみてください。

 

今回のまとめ

そんなわけで今回は
オーラの色の意味や性格の特徴

オーラの見方などについて
まとめていきました。

 

オーラの色ごとによって
その人の性格は異なりますから

自分のオーラカラーを知ることで
自分の人生の進み方をより充実したものに
していく事ができるでしょう。

 

自分のオーラカラーに合わせた
パワーストーンなどを身に付ければ

それだけオーラの力を
増幅させることも期待できます。


「Sponsored link」
 

何気ない毎日がちょっと
刺激的に映っていくかもしれませんよ。

ではでは
今回はこのあたりで失礼します~。

 


ピックアップ関連記事

サブコンテンツ