自分を好きになる簡単な方法!自分を愛すると幸せになる?

 

こんにちは、管理人のスピーです。

 

この記事にアクセスしたあなたは

少なからず今の自分を変えたくて

 

「自分を好きになりたい」

 

という思いがあるのではないでしょうか。

20160824-06

自分の事を胸を張って「自分が好き!」

そう言える人って
どのくらいいるんでしょうね~。

 

割りと多くの人が自分に自信がなく
どこか自分の事を嫌っているような
人が多いのは

日本人としての性格や
遺伝子の部分も関係しているといいますね。

 

とはいえ、やっぱり自分の事を
嫌いでいるよりも

好きになって日々の生活を
自信を持って明るく過ごしたいと
思う人は多いんじゃないかと。


「Sponsored link」
 

今回はそうした自分自身を
好きになる簡単な方法について
見ていきたいと思います。

 

では早速いってみましょー。

 

自分を好きになる簡単な方法!自分を愛すると幸せになる?

嫌な人を拒絶していませんか?

自分の事がなんとなく好きではない
嫌いだといった人の場合

他人にど見られているのか
必要以上に気にする傾向にあるといいます。

 

・失敗したらどうしよう

 

・発言して嫌われたらどうしよう

 

・余計な事してうざいと思われたら・・

 

こういった他者の反応を気にして
自分の中の感情を塞ぎこんでいくと

自分の事を認めてもらう機会が
少なくなっていき

 

そうなると自信を得るチャンスも
減っていくので

自分の事を好きになるという考えが
生まれにくくなっていきます。

 

 

人間社会の中で生きていくなら
仕事をしていかなければならず

大多数の仕事は同僚や上司といった具合に
他人とコミュニケーションをもちながら
行っていかないといけません。

 

そうなると多くの出会いと
共に様々な困難や悩みなどが
出てくるでしょう。

 

なかには相性のいい人も入れば
嫌いな人物も出てくる事も。

 

嫌いな人が出てくるとどうしても
その人物を拒絶してしまいがちに
なりますけど

その態度のあり方が後々になって
トラブルの原因になることもあります


とりあえず何が言いたいのかと言えば

 

どういった相手であっても
一方的に拒絶するのではなく

その存在を受け入れて
認める事が大切という話です。

 

すべての人に好かれるのは無理な話ですし
すべての人を好きになるというのも
多分無理でしょう。

 

ただ、好きにならなくてもいいから
その人の存在を認める。

その上でどう接していけば
いいか考えてみる。

 

自分を認める事ができる人は
他者を認める余裕も持ちあわせていますが

自分を認める余裕がなければ
他人を認めることなんて・・できないですよね。

 

だからこそ自分を認め
好きになっていく事が大切なのです。

 

他人を鏡に自分の嫌なところを見ている?

自分が好きでない、嫌いな人の場合

 

自分の中の嫌いな部分
切り離したい嫌な部分を

他人に投影して見てしまうという
傾向があるそうで

 

そうなると他人の存在が鏡のように
そのまま自分にとって嫌なものに
見えてしまうので

周りの人たちが何となく嫌いに思えたり。

20160824-08

そうした環境に身を置いているので
なんとなくイライラした日々が続き

嫌いな人たちの成功をねたんだり
嫌いな人から逃げたり・・

 

傍目から見てもかなり陰湿というか
精神状態が良くないので

こういった状態だとまず
自分の幸せを掴む事は出来ないでしょう。

 

なので自分を好きになって
認めていこうというわけです。

 

自分を好きになる簡単な方法

今の自分と向き合ってみよう

まず、自分を好きになるために

 

今の自分と冷静に向きあっていきましょう。

 

やり方としては簡単で

 

「自分の嫌いなところを
 ノートに書きだしていく」

 

これは自分の性格や容姿
コンプレックスなどなんでもOKです。

20160824-09

そして次に

 

「あなたが理想とする性格や容姿」

 

こにあたりを書き出していきましょう。

 

たっぷり時間をかかけて書き出していく事で
自分の中で何が嫌いなのか?

何をコンプレックスに感じているのか?

それが徐々に見えてきます。

 

 

自分で自分の内面
しかも嫌いな部分を見ていくのは
結構きつい部分ありますが

まあ誰も見ていないのでしっかりと
見つめ直していきましょう。

 

良い面に関してもあなたが
そうなったら毎日が楽しいだろうな

バラ色だろうなと心の底から楽しむことが
できそうな性格や容姿など書き出して
いきましょう。


だいたい書き出したらその嫌いな部分と
なれたら嬉しい理想の部分を
比べてみましょう。

 

多分、その2つはほぼ真逆な事を
書いているのではないでしょうか。

 

真面目すぎる性格が嫌なら
もっとフランクな性格になりたい

地味すぎるもてない性格が嫌なら
格好いい派手な自分に生まれ変わりたい。

 

この対になっている
現実と理想のギャップ部分こそが
自分を嫌いになっている部分に繋がります。

 

あらゆる自分を受け入れる

本来なら嫌いな自分の一面を
受け入れるのはしんどい事ですし

嫌いな一面を好きになるというのは
どこか矛盾しているようにも感じます。

 

しかしその嫌いな一面も
あなたの中の確かな一面であり
切り離す事はできません。

 

いい面と悪い面とはコインの裏表みたいに
一緒になってくっついてくるもので

悪い面、ネガティブな部分を
自分の中で受け入れてある意味強みに
変えていければ

始めて理想的な自分に
一歩近づいていけるわけですね


「Sponsored link」
 

自分を責める姿勢をやめる

何かトラブルがあった時
咄嗟に自分のこと責めてしまう
癖があったりすると

 

自分に厳しくある人は
どんどん自責の念にかられて

考え方がネガティブの
ループに陥りがちになります。

 

状況によっては確かにあなたにも
責任がある部分が出てくるかも
しれません。

 

まったく反省しないのも
それはそれで問題ですが

ずーっと自分を責め続けるのは
ただただ心をすり減らしていくだけで
何も生み出しません。

 

 

ですから自分を責め続けるよりも
自分を守る事を優先し

 

「自分のせいだけではない

 自分を責めなくてもいい」

 

こんな感じに考え方を変えてみましょう。

 

自分を責めている事に気づいたらその都度
そうつぶやいたり、思ったりしていくだけで

自分の事が好きに
守っていきたい存在になるはずです。

 

自分をしっかり褒めてあげる

仕事などで上司や同僚から
一定以上の評価を受けると

それだけ自分の自信に繋がるものですけど

大人になるとこういった機会は
減りがちです。

 

ならば日々の生活の中で小さな目標を設定し

その目標を達成して
自分で自分を褒めていきましょう。

20160824-10

達成する目標は本当小さくていいです。

 

・先送りにしていた換気扇の掃除をする

 

・道端のゴミを拾う

 

・笑顔で挨拶する

 

・500円貯金をしてみる

 

自分の中で目標を立てて
それを達成していったら
しっかり褒めてあげてください。

 

そうすることでちょっとずつでも
成功体験により、自分を認めている事に
なるので

積み重ねによっていつの間にか
自分をそんなに嫌っていない・・
という事に気づくはずですよ。

 

いつも誘ってくれる人に自分から誘う

友人から何か遊びの誘いを受けて
仕事が入っていたから断ってしまった・・・

こういった経験は誰しも一度くらいは
あるんじゃないでしょうか。

 

そういった時どこか悪いと感じるのは

せっかく誘ってくれた
相手の親切心に

自分が応える事ができなかったからという
罪悪感からだといいます。

 

 

こうした罪悪感、意外と尾を引く人も
いるんじゃないかと思いますが

そういった場合今度は
今度は自分から相手を誘ってみましょう。

 

そうすることで誘われた相手は
喜びを感じてくれるでしょうし

罪悪感もそこで消えてくれるでしょう。

 

いつもは自分から
誘うようなキャラじゃなくて

そこであなたから遊びの誘いをしたとしたら

その時点であなたはちょっと
前向きに変わっていけていると
解釈できます。

 

今回のまとめ

はい、今回は自分を好きになる
簡単な方法について見ていきました。

 

理想的な自分になるためには

ネガティブで嫌いな一面を
受け入れていく・・・

 

嫌いなものを受け入れるのは
しんどいものですが

遠ざけているばかりでは
いつまでたっても理想の自分に近づけず
自分を好きになれません。


「Sponsored link」
 

まあ「やるぞ!」と意識するよりは

ハードルをちょっと低くして

 

「やっていこう~」

 

位の気持ちで長く取り組んでいきましょう。

 

徐々に取り組んでいく事で
理想の自分に近づきつつ

自分が好き!といえる日が
やってくるはずです。

 

ではでは、また次回にお会いしましょー。

ピックアップ関連記事

サブコンテンツ