自分が嫌いな心理や理由!自己嫌悪や自分嫌いの克服改善法

 

こんにちは~管理人のスピーです。

 

あなたは自分の事をどう思っているでしょうか?

 

この記事にアクセスしたという事は

少なからずあなたは
自分の事が好きではない

もしくは嫌いだと感じているのかも
しれませんね。

20160823-07

しかし自分の事を否定して
毎日の日々を過ごしていくのは
なかなかに辛い部分が多いかと思います。

 

いつも何だか自信が持てず
どこかビクビクしてネガティブな
感情が先行してしまう。。

そこでまた自分に対して嫌悪感を感じたりして
余計に自分を嫌いになってしまう。。

こういった状況からはできる限り
早く脱してしまいたいものです。


「Sponsored link」
 

そんなわけで今回は

自分が嫌いな心理や理由や
自己嫌悪や自分嫌いの克服改善法などについて

見ていきたいと思います。

 

ではでは、早速見ていきましょー。

 

自分が嫌いな心理や理由!自己嫌悪や自分嫌いの克服改善法

自分が嫌いな心理や理由って?

自分で自分の事を認めていますか?

自分の事を好きになれず
嫌いだと感じている人の場合

 

自分で自分のことを認める
「自己肯定感」が低いとされています。

 

自分に対してどこか自信を持っていて
精神面も図太かったりすると

ちょっとの事や周りの評価や
感情などに振り回される事が
少なくなるものです。

 

 

対して自己肯定感が低めな人の場合

自分で自分のことを認めておらず

 

あまりに低いと周囲の環境や感情
評価などを必要以上に気にして

自分をどんどん責めてしまう
傾向に陥りがちになります。

 

そうなるとますます自分の事を
嫌って自信を失っていく・・・

こういう流れになっていくわけです。

 

自分より他人を優先している

自分がどうありたいか、どうしたいのか?

という考えよりも

 

他人にどう思われた方が良いのか
そういった事を優先して
行動していく傾向が強いので

本当の自分を出すに
出せないような状況に陥っている
可能性もあります。

 

他人の目から見て
とても便りになる優れた人物と映っても

それはあなた自身が作り上げた
虚構の自分ともいえるので

虚構の存在がいくら認められようと
本当の自分が認められたわけではない。。

 

そのためどうしても自分に
自信を持つことが難しくなります。

 

自分を出していない

自分の中にある気持ちや考えは
あなたが考えだした「あなたの物」
はずですが

 

そうした自分のものを外に出さず
蓋をするように閉じこめてしまう傾向が
強いので

必要以上に傷つく事はないかもしれませんが
他者に認められるという事もありません。

20160823-09

 

・言ったところでしょうがない

 

・口に出して嫌われたくない

 

・自分が認められるなんて、ないだろう

 

こういったどこか後ろめたい気持ちを
改善していく必要があるでしょう。

 

完璧主義者である

どんなことも完璧にこなさないと考える
完璧主義者の人の場合も

自分の事を嫌う傾向が多いようです。

 

求めている基準値が他の人に比べて高く
理想の結果と現実の結果とに差異が
あり過ぎると

 

その結果に「0点」をつけたり
減点していくので

つまりは自分の事を認めず
自分から拒絶している事になります。

 

 

「100点」か「0点」の2極化で
物事を考える癖がついていると

大きな壁が立ちはだかった時に
ぽっきり心が折れて

一気に自分を嫌いになってしまう
可能性もあります。

 

他人と自分をとにかく比べる

他人の芝生は青い・・といった
言葉があるように

周囲と自分とを比較して

 

・あの人は自分より仕事が早い

 

・あの人は結婚して子供もいる

 

・あの人はあんなに
 色んな友人がいて楽しそう・・

 

こんな風に自分を下げていくように
他人と自分とを比較していくと

どんどん気持ちが落ち込んでいくので

自分の事を嫌いになっていきます。


「Sponsored link」
 

自己嫌悪や自分嫌いの克服改善法とは?

自分の事を認める、ほめてあげる

先ほど自己肯定感が低い人は
自分の事が嫌いな傾向が強いといった事を
書きましたが

そうなると自分の事を認める
もしくは他人から褒めてもらう機会が
増えれば

状況の改善に
つながっていくのではないでしょうか。

 

とはいえ、大人になってしまうと
他人から褒められる

認められるといった状況は
なかなかになかったりしますよね。

 

そういった場合はとにかく
自分の事をしっかり認めて褒めてあげる。

これが結構大切になってくるかと思います。

20160823-10

日々の中の小さな目標でもいいんです。

 

・挨拶する時明るく笑顔で挨拶する

 

・会社の同僚と一緒にランチに行く

 

・会議で何か一言でも発言する

 

など、日々の中でいくつかの目標を設定し

達成できたら自分の事を

 

「自分よくやった!えらい!」

 

といった感じでしっかり褒めていきましょう。

 

1回1回はそんなに
大きな効果を得られなかったとしても

毎日続けていくことで精神面に
良い変化を与えてくれるはずですよ。

 

自己否定による、暗示をやめてみる

自分が嫌いな人って割りと無意識ながら

 

・自分ってなんてダメなんだろう・・・

・やっぱり自分なんて・・・

 

こういったネガティブな事を
口に出したり思ったりする事が
多くなっているといいます。

 

そしてそうしたネガティブな言葉や
感情を繰り返し反芻させていくことで

無自覚ながらに自己否定の暗示に
かかっている可能性があります。

 

思い返してみて
思い当たる部分があったとしたら

 

「自分は大丈夫、やればできる子」

「やる時はやる奴だ」

 

ひとまず意識的にポジティブな言葉を
反芻させていくようにしましょう。

 

ポジティブな言葉を無意識ながらに
唱えるようになってくれば

精神面にも良い影響が広がっているはずです。

 

完璧主義をやめてみる

完璧主義者の性格だと
何かと理想が高くなりがちで

求めていた結果に届かない事で
自分の事を否定してしまい
どんどん自分の事が嫌いになる。。

 

それならば、いっその事
完璧主義の性格を捨てて
意識改革をしていきたいところです。

 

しかしまあ、性格の部分に関わってくるので
いきなりすっぱり完璧主義者を辞める
なんて事はできないかと思います。

 

 

徐々に完璧主義の性格を治していくとしたら

 

理想とする100%の結果を得て
どういった意味があるのか?

そこまで高い理想ではなく
60~70%くらいの結果でも
大丈夫じゃないか?

 

毎日の仕事の中で
完璧主義的な考えを繰りだそうとしたら

常に自分の考えに疑問符をつけてみましょう。

 

実際結果的に70%位の結果でも
問題なかったと認識できれば

徐々に完璧でなくてもいいのかな・・

といった具合に考え方にも
ちょっと余裕が生まれるはずです。

 

その余裕部分が自分嫌いの克服には
大切かと感じます。

 

集団のコミュニティに参加してみる

自己否定感を少なくしていく上で

自分で自分のことを認めることも
対策としては良い方法かと思います。

 

しかし更に自己否定感を削減していくなら
やはり他者に自分のことを認めてもらう
事じゃないでしょうか。

 

自分の中にある長所をしっかり伸ばして

それを誰かに認めてもらうことで
自己嫌悪感を少なくして
自分嫌いを克服していけます。

20160823-11

ひとまずあなたの長所や好きな事を考えて

それを活かせるサークルや
コミュニティに参加していくのは
どうでしょう。

 

集団に入ってあなたの長所を
他の人にしっかりと認めてもらえば

 

あなた自身の自信にもつながりますし
あなたの中にある自己否定感や
コンプレックスなどの感情が

徐々に少なくなっていくはずです。

 

自己否定の後で「じゃあ・・・どうするの?」と問いかける

自分自身を否定するという事は
自分に対して

 

・ボクはなんてダメなんだ

 

・あんな簡単な事もできないなんて

 

・どうせ自分は何もできないさ・・

 

こんな感じに永遠と
ネガティブに愚痴っていきます。

 

 

こういった事をずーっと反芻させていると
負の感情が溜まっていくだけですし

愚痴るだけで解決策を講じないのは
それはなんというか

 

飲み会で不平不満を垂れ流して
それで終わりといった具合に

「現実逃避」しているのとほぼ一緒とも
言えます。

 

そのため現実逃避で終わらないためには

散々愚痴っていったあとで

 

「じゃあ・・・どうするの?」

 

と、自分自身に問いかけてみましょう。

 

その問いかけによって
どのように改善していけば良いのか
考えていくことができたら

それは現実逃避ではなく
自分の中の問題に対して
立ち向かっている事になりますよね。

 

解決策を見いだせれば
それを実行に移していくかと思うので

変に落ち込んでいる時間なんて
なくなっていくかと思います。

 

現実逃避ではなく、自問自答して
常に解決策を模索していきましょう。

 

今回のまとめ

はい、今回は

自分が嫌いな心理や理由に
自己嫌悪や自分嫌いの克服改善法など
見ていきました。

 

自分自身を嫌いな人って
意外と多いかと思うのですが

自分自身を嫌い続けるのは
あまりにも辛いものです。


「Sponsored link」
 

自分が嫌いという考え方を
変えていくのも一筋縄では
いかないかと思いますが

少しずつ改善のために行動することができれば
いつしか自分嫌いを克服できるはずですよ。

 

それではまた次回にお会いしましょー。

 


ピックアップ関連記事

サブコンテンツ