ルーン文字の意味や解釈!NO22イングは豊穣や完了・新しい始まりのルーン

 

どうも~こんにちは~管理人のスピーです。

 

人は生きていく中で
でいくつかの目標や夢などを掲げて

そこに向かって毎日努力を
重ねていくものだと思います。

 

力及ばずにそこにたどり着けずに
挫折してしまった人も
出てくるとは思いますが

中には自分の目標地点に
到達できたという人も
たくさん出てくる事でしょう。

 

では、その目標や夢を叶える事が
できたとしたら
そこで終わりなのでしょうか?

 

「ああ、自分は夢を叶えたんだ。
 もう思い残すことはない・・」

 

といった具合に満足する人も
いるかと思いますけど

だいたいの人は次の目標を掲げて
更なる高みを目指そうと
するのではないでしょうか。


「Sponsored link」
 

今回紹介していく
ルーンNO22の「イング(ing)」は

そうした目標達成
完了した後の新たなる始まりを
指しているルーンといえます。

 

NO12の「ヤラ(jara)」が収穫、豊作などを
意味しているのでよく似ていると
されますが・・・

そのあたりの違いも含めて
NO22の「イング(ing)」について
見ていきたいと思います。

 

では、早速いってみましょー。

 

ルーン文字の意味・NO22「イング・ing(イングズ・inguz)」

「アルファベット」

・NG

 

「誕生日」

・5月14日~5月28日

 

「グループ」

・ティワズ

 

「色」

・黒、黄

 

「惑星」

・金星

 

「ハーブ」

・マリーゴールド


「Sponsored link」
 

「意味」

イングのルーンの意味ですが

 

「豊穣、豊穣の神イング
 新しい始まり、完了、生産、妊娠、安定」

 

といった意味を持ちます。

 

イングは「豊穣神イング」を表しており

北欧神話において多産や生命力を司どり
フレイヤの双子の兄である
「フレイ神」と同一視されます。

 

イングのルーンは「NO12:ヤラ」と
かなり似ている部分があり

ヤラもまた

 

「収穫、豊作、実りの年、一年」

 

といった意味を持ちます。

 

収穫や豊作など豊穣の部分を見るなら
意味合いとしてはほぼ同じと
いえるのですが

ヤラが物事を達成するうえでの
「過程の部分」を協調するとしたら

 

イングは「目標達成した後の事」まで
考えて行動していく部分を
指しているといえます。

 

畑において収穫の時期が来たら
もちろん農作物を収穫していく
わけですけど

収穫して、その作物の恩恵にあずかったら
はいそれで終わり!

・・・というわけには
いかないですよね。

 

収穫が終わったらその土地を休ませて
また農作物を育てていくための
下準備をしていかないといけません。

20170515-01ing

つまりイングは
物事が一区切りついた際

 

次のステージや未来の自分を想像し

更に成長していくには
どうしたらいいか?

そのあたりの下準備まで含めて
イングと言えるわけです。

 

ちなみに作物の実り具合は
天候などに左右されるため

その時その時によって
不作になってしまう事もあります。

 

これは勉学や仕事においても
試験に受からなかったり
思ったような成果が出なかったりなど

努力しても及ばない状況に
似ていますよね。

 

そういった時に
イングのルーンが出た場合は

上手くいかなかった点や
進め方が悪かったなど

 

ちゃんと改善すべき点を
受け入れつつ

一旦過去になった
その結果については終わりにして

次の状況に活かしていきなさい。

 

こういったメッセージを
送っているといえますね。

 

ようは失敗をちゃんと活かして
ポジティブ思考で次に
進んでいきましょう

という事です。


出産や恋愛関係で
このイングのルーンが出てきた場合

 

まさにイングには
「出産や妊娠」などの意味も
含まれますので

 

子供が生まれる前に
ちゃんと必要な物を買ったりして

育てていく環境を
ちゃんと整えていきましょう

 

という暗示になりますし

 

恋愛関係の場合ですと

お互い上手くいっているなら
結婚を見据えたお付き合いや

そろそろ子どもを作る事も
考えないとかな・・といった
次のステージ進みなさいという暗示や

 

お互い上手くいっていないなら
相手との未練や執着などを断ち切って

今の恋愛に見切りをつけて
次の相手を見つけなさいと
いう暗示にもなります。

 

良い事にせよ、悪い事にせよ
どっちにしてもその場にいては

どこにも進めず成長もできないので

先に進んでいきなさいという
メッセージともいえますね。

 

今回のまとめです

はい、今回はそんな感じでNO22のルーン
「イング(ing)」について見ていきました。

 

物事には必ず始まりがあって
目指すべきゴールがあるものです。

その結果が成功だったとしても
失敗だったとしても出てきた結果は
受け入れないといけませんよね。

 

失敗していつまでも

 

「ああ、失敗してしまった・・
 自分はなんてダメなやつなんだろう;」

 

と自分を責めるようにして

そこで立ち止まってしまっては
そこで成長が止まってしまうわけです。

 

重要なのはその失敗を受け入れたうえで
次にどう活かしていけば成功へと
繋がるのか?

 

失敗の経験を無駄にしないで
先に進んでいく考え方こそ

イングのルーンの扱い方なのでは
ないかと考えます。


「Sponsored link」
 

何はともあれ先に進んで
成長していきたいと考える人は

イングのルーンを身に着ける事で
物事の流れに乗っていけるのでは
ないでしょうか。

どうぞ参考にしてみてください。

 

ではでは、NO22のルーン
「イング(ing)」についてでした。

また次回にお会いしましょー。

 


ピックアップ関連記事

サブコンテンツ