ルーン文字の意味や解釈!NO17ティールは勇気や戦略・勝利や戦士のルーン

どうもこんにちは~管理人のスピーです。

 

現代社会となった今では
日本においては目に見えるような

「戦」を目にすることは
多分ないかと思います。

 

しかし、目に見えるような戦は
なくなったものの

考えようによっては
現代社会もまた毎日がある意味で
戦いといえます。

 

会社の利益のために
身を粉にして働いていき

顧客獲得や契約の取得とか
サービスの提供やらやら・・・

 

ただがむしゃらに
頑張っていくだけではなく

全体を俯瞰して見ていき
時には引いて様子を見て

時期を見て
攻め込んでいくといった具合に
戦略が必要な時代です。


「Sponsored link」
 

今回紹介していくNO17のルーン
「ティール(tir)」

勝利や戦などを意味するのですが
こうした戦略的に

動いていきたいと考えた時
効果を発揮するルーンといえます。

 

では早速NO17の「ティール(tir)」に
ついて見ていきましょうー。

 

ルーン文字の意味・NO17「ティール・tir(テイワズ、ティウ・teiwaz)」

「アルファベット」

・T

 

「誕生日」

・2月27日~3月13日

 

「グループ」

・ティワズ

 

「色」

・明るい赤

 

「惑星」

・火星

 

「ハーブ」

・セージ


「Sponsored link」
 

「意味」

ティールのルーンの意味ですが

 

「戦士、勝利、勇気や戦略
 戦いの神テュール」

 

などを表します。

 

ティールのルーンは
戦いの神様でもある軍神「テュール」を
表していまして

軍神という部分では
ローマ神話のマルス神と
同一視されるともいいます。

 

名前似ていますけど
北欧神話の「雷神トール」とは
別の神様です。


ティールはその形状から
剣か槍などを表しているとされ
戦いと勝利を表しており

男性原理を表している点から
競争や闘いの場面などで

必要な際に出てくる
ルーンといえます。

 

男性原理や闘いに積極的に
進んでいくという部分は

まるでダイナミックなパワーを意味する
「NO2:ウル(ur)」のルーンに
似ているような気もしますけど

 

ウルが馬鹿力で策もなく
敵の中をゴリ押しで突っ切っていく
イメージなら

ティールは状況によっては引いたり
一旦落ち着いて態勢を
立て直すために

その場から退却するという
判断もします。

20170424-01

目先の勝利や利益ではなく
あくまでも全体を勝利に導くため

時には攻めて、時には後退してと
しっかり戦略を練っていく・・・

つまりは頭の良い
体育会系みたいな感じですかね。

 

封神演義の太公望とか
スラムダンクの赤木キャプテンとか。。

なんとなくそんなイメージかと思います。


現代の日本においては
武力を用いての命がけの
戦なんてないですけど

ビジネスやスポーツの分野もある意味で
「闘い」といえますね。

 

ビジネスなら企業戦略を練って
相手企業をいかに出し抜いて利益を獲得し

優秀な人材の確保から
教育に新しい分野への進出とか。。

 

スポーツにおいても
体を鍛えてトレーニングする
だけじゃなく

時には休んで疲労を
溜め込まないようにして

相手に勝つためには
どんな戦略が必要なのか
そのあたり考えていく必要あります。

 

 

恋愛面においても意中の相手と
お付き合いするには?と考えた場合

男性ならたくましい肉体とか
経済力のアップとか目指したり

 

女性ならエステや運動などして
シェイプアップしていったり

きれいな洋服やアクセサリーを
身に着けて女性としての
魅力を上げたり・・

こういうのも1つの戦略といえます。


ティールの戦略とはあくまでも
相手と正々堂々向かい合ったそのうえで
競いあっていき

勝利してより良い状態へと
していくイメージです。

 

裏で情報収集して
汚い手を使って相手を陥れるといった
謀略とは違いますし

自分だけ安全なところにいて
いざとなったら逃げれるような
準備をしたうえでの

戦略ともまた違うでしょう。

 

ちなみに攻撃は最大の防御とも
言いますけど

テュールは防御の意味も含まれまして

 

「NO9:ハガル(hagall)」が
魔術的なものからの防御を表すなら

ティールは魔術的なもの
身体的なものからの
両方の防御を意味します。

 

なので勇気を持って攻めつつ
なおかつ周辺から防御を
していきたい場合などは

ティールのルーンが
向いているといえるでしょうね。

 

今回のまとめです

はい、今回はそんな感じで
ルーン文字NO17「ティール(tir)」の
ルーンについて見ていきました。

 

ティールの解釈は人間関係の部分に
当てはめていく事も可能といえます。

 

あなたの周囲に苦手な人がいたとして
その苦手な人がなんだかやたら
あなたに突っかかってくる場合

あなたならどのように
対応するでしょうか?

 

真っ向から対立して争っていく事で
切磋琢磨する場合もありますけど

ただ嫌がらせしてくるとか
受け入れられない考え方を
いつも押しつけてくるなどの場合は

もう完全にあなたの敵といった
存在といえるでしょう。

 

こういった場合は
暖簾に腕押しといった具合に受け流して

適当にあしらい
徐々にその人と距離を取って
疎遠になっていく・・

という戦略を個人的には取りたいです。

 

パッと見ればその人から
逃げて負けているような雰囲気ですけど

その人から何か言われたり
接触する事であなたが不快に
感じるのであれば

その時間をなくしていく事が
あなたにとっての勝利といえます。

 

やみくもに対立したり打ち負かす事で
かえって相手の反感買ってしまっては

状況が悪化してその人から
更に嫌がらせされるかも
しれないですし。。

これ昨今のブラック企業で働いていて
逃げるに逃げる事ができない人にも
当てはまりますね。。

 

場合によっては引く、逃げる事が
最終的なあなたにとっての

勝利に繋がっていくという判断も
時には必要なわけです。

 

あなたにとっての勝利とは何なのか?

 

今一度、自分自身に
問いかけてみてはどうでしょうか。


「Sponsored link」
 

そんなわけでルーン文字NO17の
「ティール(tir)」についてでした。

また次回にお会いしましょー。

 

ピックアップ関連記事

サブコンテンツ