ルーン文字の意味や解釈!NO14ペオースはダイスカップや秘密にハプニング!

 

こんにちは~管理人のスピーです。

 

人生そこそこ生きていれば
夢や目標などに向かって
突き進んでいく中で

偶然のチャンスを掴んだり
予期しないハプニングに
見舞われたりなど・・

そうした良い事、悪い事は
起こりうるものですよね。

 

自分もまだまだ若輩者ながら
チャンスを掴んだり

突然のハプニングにあって
精神的ダメージ被ったり
そこそこ色んな事ありました。

(しかし思い返すと
ハプニングの記憶の方が
多いような気もする、不思議。。)


「Sponsored link」
今回紹介していく
NO14「ペオース(peorth)」のルーンは

 

そうしたチャンスや
予期しないハプニング

あとは秘密などを
表したりするルーンであり

ルーンの中でも制御不能とか
コントロールできない系統の
ルーンだったりするので

扱いが難しい印象を受けます。

 

ではでは、ペオースの
ルーンについて見ていきましょー。

 

ルーン文字の意味・NO14「ペオース・peorth(パース、ペルズ、ペオズ・perth)」

「アルファベット」

・P

 

「誕生日」

・1月13日~1月27日

 

「グループ」

・ヘイムダル

 

「色」

・赤、黒

 

「惑星」

・火星、ドラゴンテイル

 

「ハーブ」

・ヘンベーン


「Sponsored link」
 

「意味」

ペオースのルーンは一般的な解釈ですと

 

「ダイスカップ、秘密
 予期せぬ変化にハプニング、チャンス」

 

などを意味しています。

 

色々未解明な部分が
多いルーンとされているのですが

形状からダイスカップを表しており

 

その中にサイコロを入れて
振ってどんな目が出てくるのかは

イカサマなどしない限りは
運次第という事になり

 

そのあたりからギャンブル性とか
運任せ、神頼み、ハプニングや偶然

といった意味を
持つようになったという事でしょう。

 

 

例えば・・・

あたりが入っているくじを引く時は
大体の人があたりのくじを

引くことを考えながら
引いていくかと思います。

 

そこではずれが出てしまったら
ガッカリする人が多いかと思いますけど

 

今回あたりを引けなかったんだから
次に、何かのくじを引くときは

もっと良いものが当たるかもしれない♪

 

といった感じにプラス思考で
物事を考える人も中には
いるんじゃないでしょうか。

 

あたりを引けなかった結果は同じでも
抱く感情とその後の展開で
微妙な違いがありますよね。

 

ペオースのルーンは自分にとって
想定外のトラブルとか

自分にとって望まない展開が
出てきた場合でも

それを上手い事利用して
自分のチャンスに転換できる・・

 

臨機応変な対応力をもって
幸運を引き寄せていくルーンとも
いえます。


あとペオースが示す「秘密」の解釈ですが

ペオースの形状は裏表で大差がないので
ひた隠しにしていたことが白日のもとに
さらされるような状況になった時

 

それが吉と出るか?凶と出るのか?

 

それさえも流れに身を任せて
その時の運次第といった感覚になります。

20170418-01

ポジティブな意味だと
思いがけない朗報とか

意識していなかったけど起こった
ラッキーで偶然な出来事などを表しますが

 

どちらかというとやはり
何かひた隠しにしていた
知られたくない秘密が明らかになって

ピンチに陥るなど良くない暗示の
ケースが多いかと思います。

 

恋愛面ですと性的欲求とか浮気や
肉体的関係などに関する
トラブルの暗示を示したりするので

特に軽口によって秘密が
明るみにでてしまう状況とか考えられます。

 

気を付けましょう。


余談ですけど

Pモンスターのピッピの技に
「ゆびをふる」といった

全モンスターの技の中から
ランダムで技を出す特技がありますが

なんとなくペオースのイメージとしては
「ゆびをふる」とか近いかなと感じます。

 

あとドラゴンクエストの
「パルプンテ」とか。

 

自分はあのあたりの
「何が起こるのか分からない」系統の

技とか魔法のスキルは
使わない主義ですね~。

予期しない自爆系の技とか
こっちが不利になる状況になったら
目も当てられないので;;

 

しかも何か起こりそうで
何も起こらなかったり

それまでの流れを断ち切って
全く新しい混乱の種がばらまかれて
状況が更に悪化したりもするので。。

 

こう書いてみると
ペオースの恐ろしさというか

コントロール不能さなどが
ちょっとは理解できるのかな?

といったところです。

 

今回のまとめです

はい、今回はそんな感じで
NO14のルーン「ペオース(peorth)」
について見ていきました。

 

ギャンブラー的な要素が
強いルーンなので

どうにもこうにも身に着ける人との
相性の良し悪しが分かれそうな
ルーンですけど

 

思考回路が基本ポジティブで
嫌な事があってもへこたれず

それをチャンスに変えていける人の場合は
相性がいいルーンといえます。


「Sponsored link」
あと常に出たとこ勝負なのに
何故かいつもいい方向に

事が進んでいっている人が
身近にいるとしたら

かなりペオースと相性が
いいのではないか思います。

 

逆に堅実に事を成し
不確定要素がある部分には
首を突っ込まない人は

あんまり相性良くないでしょうね。

 

というわけでNO14のルーン
「ペオース(peorth)」についてでした。

また次回お会いしましょう~。

 


ピックアップ関連記事

サブコンテンツ