ルーン文字の意味や解釈!NO13ユルは死と再生や復活・イチイの木のルーン

 

どうもこんにちは~管理人のスピーです。

 

人生は始まりと終わり、出会いと別れ

それらが繰り返されていく事で
成長していける・・

なんて言葉をどこかで
聞いたような気がします。

 

加えてスピリチュアル的な
側面から見ていくと

死とは同時に魂の再生を表し
新しい人生が始まっていくといった
輪廻転生の考え方もありますよね。

 

そうした生命として生きていく上で
逃れることのできないサイクルを
表しているのが

今回紹介していくNO13「ユル(yr)」
ルーンといえます。


「Sponsored link」
 

ユルのルーンは形状が
正位置と逆位置とで同じなので

出てきた場合読み取っていくのが
なかなか難しいルーンとも
いえるのですが・・

 

それでは、NO13「ユル(yr)」の
ルーンについて見ていきたいと思います。

 

ルーン文字の意味・NO13「ユル・yr(エイワズ、エオ・eihwaz、eoh)」

「アルファベット」

・Y

 

「誕生日」

・12月28日~1月12日

 

「グループ」

・ヘイムダル

 

「色」

・緑、濃い青

 

「惑星」

・木星、ドラゴンテイル

 

「ハーブ」

・マンドレーク


「Sponsored link」
 

「意味」

ユルのルーンは
「死と再生、防御、イチイの木」
といった意味を持ち

 

一般的に解釈するならリサイクルとか

物事の終焉、新たな始まり。

あとは形状が裏表ないあたりで
雌雄同体や不老不死、同姓愛などの
シンボルとも捉えられます。

 

イメージとしては不死鳥や
フェニックスなどのイメージが
分かりやすいような気がしますね。

 

あとすっごい限定的ですけど
「うえきの法則」という漫画作品の

「ゴミを木に変える力」は
なんとなくこのユルのルーンの
イメージが近いかと思います。

 

木が砕けてゴミになっても
それを再利用して

新しい木を生み出すことが
出来ていたので。

とってもエコロジーです。
(分かる人には分かるネタですね)

20170423-023

ユルは物事の始まりと終わりを意味しますが

形状が形状なだけに
正位置と逆位置とが
判別しにくいルーンともいえます。

 

あなたの置かれている現状が
何かトラブルを抱え込んでいたり

何か新しい事を
始めようか迷っている時など

 

そういった時にユルが出てきたら
トラブルは解消の方向に向かい
1つの物事が終着する。

もしくは新しい事を
始めていくのに好機である
といった解釈ができるわけです。

 

あと恋愛面で
ユルが出てきた場合ですけど

これは別れる事によって
また新しい出会いがあり

そうした方があなたにとっては
幸運が訪れるという意味となります。


ユルは「イチイの木」を
表していたともされ

イチイの木から弓の武器を
作っていたことから
ここで「死」の意味が付属され

 

常緑樹や松の葉の毒などから
死と同時に不死を

つまりは「再生」の意味が
連想されたともいいます。

 

物事をまずひと段落させて終わらせ

新しい事を始めて
いきたいといった場合には
ユルのルーンは適役といえます。

 

次のステージに進んで
更に成長していく事を望むなら

現在の居心地のいい環境や
関係から離れて新しいステージに
旅立っていく必要があるわけです。

 

そこで尻込みしてしまう場合は
まだ新しいステージに立つ

心の準備が出来ていない
状態ともいえます。

 

今回のまとめです

はい、今回はそんな感じで

NO13のルーン「ユル(yr)」について
見ていきました。

 

「死と再生」というテーマは
スピリチュアルの世界ですと

結構よく目にする
題材なんじゃないかと思います。

 

特に夢占い系統では

自分が殺されてしまうとか
災害で命を落とすといった夢は

 

「死=再生」という解釈となり
現状がリセットされたり

運気が上昇したり新しい事を
始めていくのにいいタイミングと
なります。


「Sponsored link」
 

このあたり見ていくと
ユルのルーンの解釈が
見え隠れしたりするので

調べていくと面白い解釈とか
見つかったりするかもしれないですね。

 

というわけで、ルーン文字NO13の
「ユル(yr)」についてでした。

また次回お会いしましょう~。

 


ピックアップ関連記事

サブコンテンツ