ルーン文字の意味や解釈!NO11イスは氷や停滞・安定や休養のルーン

 

どうもこんにちは~管理人のスピーです。

 

毎日の生活の中であんまり
意識しないかもしれないですけど

 

仕事を進めて何か成果を得ていったり
新しい人間関係を築いていったり

入学や就職、結婚や出産などなど
こうした出来事は

人生の中の流れの中にあるように感じます。

 

その流れも人によっては
すごい激しかったり緩やかだったり
するでしょうけど

まあだいたい毎日
何かしら流れているものです。

 

しかし、時には仕事や勉強が
思うように進まない。

付き合っている人との気持ちが
なんだか冷めてお互いの関係が
進展しない・・・

 

こんな具合に状況などが
凍結しているように停止状態に
なってしまう事あるかと思います。


「Sponsored link」
 

その場合今回紹介していく
NO11のルーン「イス(is)」
関係してきそうです。

 

イスは氷や停滞といった
ネガティブなイメージと

安定や休養といった
ポジティブな見方もあったりする
ルーンで

解釈の幅が結構広いルーンな気がします。

 

では、NO11の「イス(is)」の
ルーンについて見ていきましょうー。

 

ルーン文字の意味・NO11「イス・is(イサ、イーサ・isa)」

「アルファベット」

・I

 

「誕生日」

・11月28日~12月12日

 

「グループ」

・ヘイムダル

 

「色」

・黒

 

「惑星」

・木星、冥王星

 

「ハーブ」

・キャラウェイ


「Sponsored link」
 

「意味」

イスのルーンには
「氷、静止、停滞、冬、安定」
などの意味が含まれます。

 

一番オーソドックスな解釈は
「氷」といった意味で

北欧神話において
世界、宇宙を構成した要素は
「火と氷」であり

氷に原初の火がぶつかった事で
世界が生まれていったという
解釈がなされています。

 

あと、知っている方も
いるかと思いますけど

ルーン文字が最初使用されていた時代は
固い物に掘って削るように書いていたので

直線的なデザインの方が
都合がよかったわけですが

 

全てのルーンは

「火のルーンであるケン」

「氷のルーンであるイス」

この2つで表す事ができるわけです。

 

形状としてはこの2つです。

201704105

そういった意味でも氷と火とが
原初の存在であるとなんだか
納得できるような気がします。


氷を意味するイスですが
占いや運勢などの見方でいくと

 

「物事の停滞や停止、進まない状況」

 

といった解釈をされがちで
どっちかというとネガティブな
ルーンとして扱われているようです。

 

確かに物事の停滞や停止した状態は
何も生み出しませんし

何もできないでいる状況は
歯がゆく感じるものです。

 

しかしイスの停滞している状況は

 

「それ以上は悪くならない」

 

といった意味も指します。

 

なにせ凍っているわけですから
前に進みもしませんが
後ろに下がっていく事もないです。

上昇もしないけど
下降もしないと言い換えてもよし。

現状維持・・みたいな感覚と
捉えてもいいでしょう。

201704103

たとえば水を凍らせて氷にしたとして

それをマイナス50℃、マイナス100℃
マイナス200℃と凍らせていっても

結局氷であって
それ以上の凍結はないはずです。

 

もしくは大凶のおみくじを
引いてしまって気分は沈んでしまったけど

これ以上運気は悪くなりようないから
あとは浮上していくだけ

という心理もイスに
近いものがあるかと思います。

 

あとは停滞している状況を
ポジティブに捉えて

計画の見直しをするいい機会といった
暗示を示す場合もあるでしょう。


あとは水が凍った氷の状態は
動く事もないので「安定」している
といった解釈もできます。

 

どっしりした
氷の大地といったイメージは

もはや氷というよりは
固い岩といったイメージに近く

盤石な基盤が出来ていて
安心できるといった意味。

 

もしくは軸が通っていて
ぶれない人という解釈もできます。


余談ですけど夜麻みゆき先生の
「レヴァリアース」の作品だと

この「イス」のルーンは
使用回数が多いように感じますね。

 

水魔術である

 

「ラーグ・イス(lagu・is)」

「ラーグ・イス・ハガル
 (lagu・is・hagall)」

 

作中で魔物達を一掃した氷の槍の魔術

 

「ソーン・イス・ユル
(thorn・is・yr)」

 

などなど、割と何回も使用されています。

 

機会がありましたら
確認してみるのも面白いかも
しれません。

 

今回のまとめです

はい、今回はそんな感じで
ルーン文字NO11の「イス(is)」について
見ていきました。

現代においては冷凍庫がありますので
イスのルーンはまさにこの冷凍庫に
あたるのではないかと思います。

 

今はまだ動かすべきではない
アイデアとか計画などあったりしたら

それを書き記して冷凍庫の中に
保管する事でイスの停滞の意味が働いて
現状維持の状態となります。

 

あと、冷凍庫の中に
いつ入れたのか分からない食品とか

部屋の中にいつまでも捨てていない
アイテムなど不要なものがあった場合

それらは運気を停滞させる
要因になるといえます。

 

動きがないといつまで経っても
空気が止まったままなので

要らない物は捨てていって
新しいものを取り入れていく事で
停滞感を壊せるかもしれないです。

 

なんとなく当てはまるかも・・
と感じた人は

そのあたり掃除していく事から
始めていきましょー。


「Sponsored link」
 

というわけでNO11のルーン
「イス(is)」についてでした。

ではでは、また次回に~。

 


ピックアップ関連記事

サブコンテンツ