自分のために生きる働く!他人に振り回されないで幸せに生きるには?

 

どうもこんにちは~管理人のスピーです。

 

この記事にたどり着いたあなたに
ちょっと思い返して欲しいのですが

あなたはこれまで自分の人生を
生きてきたと断言できるでしょうか。

 

自分の人生なんですから
生きていく限り自分の目標とか
進んでいく道とか生き方とか・・

そういったものは自分で舵取りして
自分で決めていきたいと願うものですよね。

 

しかし今の世の中それはなかなか
どうして難しいといった印象を受けます。

 

入った会社が良い会社なら
まだいいですけど

そこがブラック企業だったりすると
自分のために生きるなんてほぼ不可能で

 

まるで奴隷のごとく
自分の時間と思考や考えをその会社に
捧げていかないといけません。

 

そうなると何のために
自分は生きているのか?

そもそも自分のために生きるって
何だっけ・・?

 

こんな具合に自分が本当は
どうしたかったのか

わからなくなってしまう事態にも
陥ります。


「Sponsored link」
 

今回は自分のために生きる
働いていくとはどういう事か?

他人に振り回されないで幸せに
生きていくにはどうしたらいいか?

 

そのあたり紹介していきたいと思います。

では早速いってみましょー。

 

自分のために生きる働く!他人に振り回されないで幸せに生きるには?

自分の人生を生きるとはそもそもどういう状態か

自分の人生を生きていく・・・

このフレーズは割と小説とか
漫画とかで目にする表現な気もします。

 

この言葉はそもそも
どういった状態を示すのかといえば

 

・自分自身で目標や到達点を決めて
 そのために必要な行動をしていく。

・あくまで自分で選んでやっていく。

 

こういった状態
なんじゃないかと思います。

20161128-01

逆に、自分のために
生きていない状態ですけど

これはおそらく

 

・自分以外の誰かや
 組織に振り回されていて

 自分には選択権や発言権がなく
 どうする事もできない。

 

こういった状態なのではないかと。

 

割と分かりやすいかなと思う例を挙げると
以前の自分のケースを書いてみましょう。

 

自分も以前ブラック企業とまで
いくかどうか謎ですが

デザイン系の会社で
働いていた時期があって
毎日深夜まで仕事していたんですけど

 

元々イラスト関係の仕事
希望だったんですが

デザインの部署に配属されちゃって
それからデザインの仕事が苦痛で苦痛で;

 

自分のやってみたい仕事はできず
毎日デザインに関してダメ出しされて
怒られて

休日も返上で仕事と
デザインの勉強をしていって

それでもデザインスキルは
なかなか上がらず戦力になれなくて。。

 

この時点で自分は何のために
この会社でデザインの仕事
してるんだっけ?

何で毎日こんな遅くまで
こんな苦痛な事してるんだっけ。。

 

そう思うようになって挙句の果てに
は鬱状態に陥ってその会社を
退職しました。


このケースは自分の理想ではない
仕事の部署に入った事で

自分の理想としていた仕事が出来ず
会社のために尽くすようになったという

社畜の典型的なケースかなと思うのですが

 

このほかにも生きていく中で

恋愛とかお金とか、生い立ちや
人間関係などなど多くの物に
振り回されている事があると思います。

 

「恋人のために」

「家族のために」

「親友のために」

 

こんな具合に誰かのために
一生懸命になれる事は実際問題
素晴らしい事ですし

良い事をしているので
徳を積んでいる事にも繋がるでしょう。

 

しかしその行為も度が過ぎて

ずっと誰かのために
組織のために行動していると

いつしかあなた自身の気持ちや意志
夢や目標など埋もれてしまい

 

「自分が本当に
 したかった事はなんだっけ・・?」

 

こんな具合に自分自身のあり方や
生き方について考えるのをやめて

振り回される事に疑問すら
覚えなくなってしまうのです。

 

なぜ振り回されてしまうのか?

他人に振り回される状態に陥るのは
いくつか原因があるといえますけど

 

・振り回されてもいいから
 誰かに何かに見捨てられたくない

・自分には自分で
 状況を変えていく力なんてない

・自分の人生を自分のために使っていく
 それだけの価値なんかない。

 

多分、誰かに見捨てられたくない
自分には価値がないといった具合に

 

「自分自身への自信の無さ」

 

が結構関係しているのでは
ないかと感じます。

もしくは自分には価値がないという
「無価値感」ですかね。

20161128-04

何かのために誰かのために
一生懸命尽くして時間を割いても

結局その行動が評価されるかどうかは
組織次第、相手次第という状況は

まさに振り回されて
しまっているといえますよね。

 

最初のうちはそうした
振り回している相手や組織に不満や
不平を感じるものでしょう。

 

「こんなに頑張っているのに
 どうして理解してくれないんだ」

 

こんな具合にです。

 

そしてこう感じる頻度が多くなって
それでも相手に振り回されている
状態が続くと

多分次に感じる事は

 

「何のためにこんな事してるんだろう」

「どうして自分生きているんだろう」

「毎日つまらない・・・」

 

こんな感じに無気力感というか
自分の人生に価値がないと
思い込むようになっていきます。

まさに他人に振り回される事で
自分の人生を生きていない状態に
なってしまうわけです。


「Sponsored link」
 

自分の中の感情に素直になりましょう

社会人になると多分この

「感情に素直になる」というのが
結構難しくなるかと思います。

 

社会人になると自分の思うまま
感情の赴くままに立ち振る舞っていては
誰も相手してくれなくなりますよね。

 

・相手を不快にさせないように

・自分以外の人に迷惑をかけないように

・場の空気を読んで行動する

 

こういった処世術というか
社会での立ち回りが必要になってきます。

 

しかしこの社会での気遣いですが

自分の感情を押し込んで
無理やり愛想を振りまいている
状態というのは

ずっと続けていくとかなり
ストレスが溜まっていきます。

 

本心では不機嫌な状態だけど
相手や場の状況に合わせて
作り笑顔の表情をしないといけない・・

 

そういった時は心の中で
自分は不機嫌なんだと、ちゃんと
受け止めて認めるようにしましょう。

 

そしてその感情を思い切り
発散するとしたら・・・

 

・1人カラオケで思い切り歌う

・海に向かって感情爆発

・適度に運動してストレス発散

・感情のエネルギーを
 そのまま趣味に向けて発散

20161128-05

こんな具合に喜怒哀楽の感情を
認めたうえで、しっかり発散
表に出していきましょう。

 

社会生活の中で表に出ている自分は

 

「社会と他人に合わせている
 社会人の自分という仮面」

 

といえます。

 

しかし自分のために生きていくためには

本当の自分の姿というのを
たまには表に出していく事も
必要なはずです。

 

あなた自身の趣味、好きな事を忘れないようにしてください

自分の人生を生きていく、という
命題において

あなた自身の趣味や
好きな事というのはかなり
重要な要素といえます。

 

なぜなら好きなもの
趣味といったものは

あなたの素直な感情が
働きやすいからです。

 

この好きな物ですけど
対象はなんでも構いません。

 

「仕事」「趣味」「好きな人」

 

特に好きな物とかないんだけど・・・

 

こういった人でもきっと
好きなものはできていくはずなので

時間をかけて好きな物や趣味を
リストアップしていきましょう。

20161128-06

そして、その「好きなもの、趣味」を
時間をかけて大切にしていきましょう。

 

その好きな物、趣味などを習慣化して
生活の一部に取り込んでいけば

あなただけの心の拠り所というか
かけがえのないものが出来るので

その拠り所に対して愛情が出てきて
毎日の生活が充実していくはずです。

 

さらに好きな物に特化して
それに詳しい人になれば

他の人よりもその分野で
詳しい知識を持つようになるので

あなた自身の自信にも
つながっていくはずですよ。

 

そうなれば無価値感を感じる事も
少なくなっていくかと思います。

 

考えるよりも行動を優先する

考えてから行動していくのは
確かに大切な事です。

計画性もないまま行動するのは
効率的じゃないですし。

 

ただ、考えるだけ考えて
なんの行動も起こさないのでは
結局人生何も変わっていきませんよね。

 

直感的に「これだ!」
インスピレーションが働いたものに
関しては

すぐに行動を起こしてみる事が大切です。

 

あなた自身が「良い!」と感じた事に
行動を起こしていけば

それに関連してまた
新しい目標地点が出てきて

それについて考えて
行動していくようになります。

 

そして振り返ってみれば
あなたが自分で考えて
行動していった軌跡が生まれているはず。

つまりはあなた自身の人生を
歩いていっているという事に繋がるんです。

 

自分にもっと自信を持ちましょう

さっきからちらほら書いていますが

仕事にせよ、自分の好きな事にせよ

他人の目を気にして
ビクビクしている状態は

 

「自分のために生きている」

 

とはいえないですよね。

 

自分の人生を生きていくためには
ある程度の「自信」が必要といえます。

20161128-07

自分を信じていくにはある程度
他者のために動いて

 

他の人からの評価を得ていったり

仕事に役立つスキルを
磨いたりしていく必要が
出てくるかと思います。

 

そうしたある程度自分を
信じる事ができる要素が増えてきたら

自分を信じていく事にも
繋がっていくでしょう。

 

そうしたら自分のために
生きていく事をちょっと
優先してみてください。

 

そうすれば自分のために
生きていく見方が変わって
いくんじゃないかと思います。

 

自信についての記事は
こっちでもまとめているので
どうぞご覧ください。

⇒⇒⇒自分に自信がない持てない人の原因や特徴!克服するには?

 

⇒⇒⇒自分に自信をつける持つ方法!仕事や恋愛で自信がない人の改善策!

 

今回のまとめです

はい、そんな感じで今回は
自分のために生きる働く

他人に振り回されないで幸せに
生きていくためにはどうしたらいいか?

そのあたりまとめていきました。

 

自分の場合会社を退職した後は
フリーランスで仕事していく道を
選びました。

 

フリーランスは会社からの命令と
煩わしい人間関係とかない代わりに

自分で仕事の裁量決めたり
孤独とどう付き合っていくか考えたり
色々大変な部分多いですが

 

まあ、会社に勤めていた頃よりは
自分らしい生き方できているのかなと
感じています。


「Sponsored link」
 

もしもあなたが現在自分らしく
生きることが出来ているか
疑問に感じているようなら

今回の内容参考にしてみてくださいね。

 

ではでは、また次回にお会いしましょー。

 


ピックアップ関連記事

サブコンテンツ